【70sアングラアニメ】フリッツ・ザ・キャットを観てみた【+サンダーキャット】

こんばんは、みほ(@natuluxe_jp)です。

Can we just take a moment and talk about this movie……?

みなさんフリッツ・ザ・キャットという70年代のカルト的カートゥーンアニメはご存知でしょうか。

「どうしたらいいの……なにこれ……」というのが私の第一感想でした。

出会いはサンダーキャットのファンメイドビデオ

ところでみなさんサンダーキャットはご存知でしょうか。

ブレインフィーダーでジョージクリントンやフライングロータスと積極的にコラボしたり、ケンドリックラマーとも積極的に楽曲を作成している激ヤバなベーシストの彼です。

私は個人的にフライングロータスもサンダーキャットもライブに行きましたが、まじで脳みそがフィードされる系です。

まずはOh Sheit, It’s X!のファンメイドビデオをご覧ください

このサンダーキャットのファンメイドビデオがずっとYoutube上に消されず乗せられているのですが、とりあえずサンダーキャット聴いたことない方は聴いてみてください。

とりあえずイカした超絶技巧ベースと天使の歌声に耳を傾けてみましょう。ああ、ブレインフィーダーグッドネスですね。

歌詞も本当にひょうきんなユーモアが最高ですよね。本当に面白い人だなと思います。

「Oh Sheit, It’s X!」は2枚目のアルバムアポカリプスから。(名前が良いよね。)狂ったニューイヤーパーティーでの実際の様子をディスクライブした曲ということで、なんだかふざけ倒してる楽しさが伝わって来るような気がします。

 

ウンウン、良い。

 

 

…………….。

「ていうかこの尖ったビデオ何?」ってなりませんか。

 

60年代のアングラコミックから生まれた70sアニメ「フリッツ・ザ・キャット」

気になりすぎて調べてみるとFritz the Catという「1960年代にアメリカで生まれたアンダーグラウンドコミックス」らしい。アメリカで始めてエックス指定(成人指定)になったアニメーションなんですね。

ファンメイドのYoutube音楽動画って、本当にどっから持ってきたんだっていうコアな動画が使われてたりしますよね。タンブラーとかも狂気がすごいですが。インターネットはラビットホールですね。。

フリッツ・ザ・キャットを実際に観てみた

Youtubeに該当の映画ありました。探せばどこかにあるんじゃないかなと思います。

 

うん、全部観てしまいました。しかも他のシリーズまで。

ううう……こうやって人との共通点が減っていくのですね……

小学生レベルの感想文しか書けませんが、インターネット上の誰かと交信したいので書きます。

まず、全部見た後はこんな感じでした。

(ウワァァァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーー)

とりあえずアニメーションすごい

まず、映像がなんかすごかったぞ。

こんな表現の仕方が……!と感銘を受ける独特のシーンがいくつもありました。

それと、キャラクターのセリフがスクリプトされていないんじゃないかっていうくらい自然です。

声も声優がやるみたいにちゃんとしたやつじゃなくて、全く気を使ってない感じ。最初に実写で撮って後でアニメーションつけたんじゃないかっていうくらい、音もがさつで人間らしさが出ています。

当時の雰囲気、カルチャー、社会問題、ステレオタイプ、人種問題、女性への暴力等が垣間見える、時代を投影した作品にも見えます。

フリッツ・ザ・キャット映画版の大体のあらすじ(適当)


フリッツは女ったらしで軽薄なニューヨーク大学に通う(おそらく白人)大学生。ギターを演奏して女の子からアテンションを得ようとする。ハッパにヒッピーにオージー(乱交パーティー)。友達は勉強しまくってるけど、こんな人生で何が楽しいの?で、大学を中退。

人生楽しんでやる!とハーレムに住み着くが、カラス(おそらく黒人)コミュニティーにうまくなじめない。でもカラスの友人ができた。ハッパをかなり吸って売春婦カラスと寝ている途中に、こんなことやってる場合じゃない、「革命が必要だ!!!!!」と気づく。

街へ出て声をあげた。啓蒙活動がカラスと豚警察の闘争に発展し、カラスの友人が打たれて死ぬ。フリッツは彼女と世逃げする。

長いドライブの途中、モーテルでヘロイン漬けのうさぎと出会っていろいろ起きる。

そっからなぜか原子力発電所を爆発しに行くことに。仲間に騙され自らも爆破。しかしアニメなのでかろうじて生きている。病院で治療を受け、物語は終了。

【OK, WTF?】フリッツ・ザ・キャットの感想

90年代に生まれたシスジェンダー日本人としての感想を述べようと思います。

全体的になんだか黒人とのコミュニケーションにとても敏感になっている様子が伝わってきた気がしました。なんとなく詳細は書けない。

冒頭あたり女の子たちが黒人をステレオタイプの価値を基準にめった褒めする違和感のある言動は「アライ劇場」(”Ally Theater”)という言葉を思い出したりしました。

「当時みんなこんなの観てたの?」と驚きましたし、カルチャーショックです。

カートゥーンですが笑いどころは一切ないという感じでしょうか。”HAHAユーモア”ではなく、ドライでサーカスティックなユーモアかも。かなり攻めています。

うーん。人間の怠惰さと、何か社会に貢献したいんだけど、結局何にもうまくいかないし、欲に溺れて行く感じが至極リアルだと思いました。そういった意味で観終わった後は複雑な気持ちになりました……..。

当時の時代背景をリアルな肌感で理解していないと深く楽しむのは難しいのかもしれませんが、この映画を通して学んだ言葉もいくつかあったので(性革命(Sexual revolution)とか。)、興味深かったです!!

さらに70年代アニメに興味を持ちました


鮮烈な青い生命体とヒエロニムズボスのデストピア的楽園のような世界の広がるファンタスティックプラネットも、そういえば70年代の映画でしたね。70年代に生まれてないこちらからするとその時代って漫画とかアニメあったんだ(そりゃあるよね)…….想像つかない………というくらい遠い時代に思えます。(私は90年代生まれ)

アキラやメビウスの漫画アンカルなどの80年代モノでだいぶ衝撃を受けていたのですが、70年代のアニメもやばそうなので遡ってみたいですね。お父さんやお母さんも若かりし頃、このような尖ったアニメやカルチャーに囲まれて育ってきたのか?と思うと感慨深い。。

また時間があるときに70年代の日本のアニメを探してみたいです。

 

それではまた次回のブログポストで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでみほをフォローしよう!

      

LEAVE ME A COMMENT :)