【保存版:ヴィーガンとは】一歩間違えると危険?多様化する菜食スタイルを徹底解説

こんにちは、みほ(@natuluxe_jp)です。

近年、日本でも「ヴィーガン」や「ベジタリアン」という菜食に関する言葉を聞く機会が少しだけ増えましたが、みなさんはどこまでご存知でしょうか?

「一体何食べるの?」から「そもそも何故ヴィーガンなの?」や「栄養面は大丈夫?」まで、この記事では素朴な疑問を網羅してみました。

それでは1つずつ見ていきましょう。

「ヴィーガン」とは一体何か?

ヴィーガンとはつまり、完全菜食主義のことを指します。

一般的に「動物性の食品を一切摂取しなかったり、その他の動物性製品(レザーバッグやファーコート、その他動物実験が行われた化粧品など)を使用・消費しないライフスタイル」を指します。

動物性の食品というのは以下の食品などを表しています。

  • 牛乳
  • ゼラチン
  • はちみつ etc

これらを一切摂取しないということです。

ヴィーガンという言葉自体は人々を指すこともできれば、心情、食事法、ライフスタイルまで表現することができます。

ヴィーガンとベジタリアンの違いは?

動物性食品を避ける食スタイルの事を、「ヴィーガン」という言葉では聞いた事がなくても、「ベジタリアン」という言葉でなら聞いた事がある人は多いはずです。

ヴィーガンとベジタリアンの 大きな違いは、摂取する食品群の違いにあります。

「ヴィーガン」を端的に表現するとすれば、ベジタリアンのグループの中で特に菜食主義を厳しく実行するスタイルの事だと言えるでしょう。

「ベジタリアン」はより広義の意味での菜食スタイルを表し、場合によっては乳や卵を始めとした動物性食品を摂取します。

毛皮の使用やダシ、そしてはちみつなどもOKの場合もあり、非常に多様なベジタリアンが存在します。

また、食事の面では「ヴィーガン」のスタイルであっても、その他の面(洋服等の製品の使用・消費)にこだわりがない人々は「ダイエタリー・ヴィーガン」と呼ばれています。

【ラクト・オボ・セミ・オリエンタル】多様なベジタリアンのスタイルを紹介

ベジタリアンは「野菜だけを食べる人」とイメージされる方もいますが、実はその信条や目的の違いからベジタリアンのスタイルは非常に多様で、「野菜だけを食べる」という考えは誤解です。

ヴィーガンは、牛・豚・鶏・魚などの肉、それらの卵、乳やそれらを使用した添加物を含む加工食品や乳製品などの動物性食品を一切摂取しないというように、非常に厳格であるといえます。

それに対してベジタリアンには卵は食べる「オボ・ベジタリアン」、乳製品は食べる「ラクト・ベジタリアン」、時々菜食になる「セミ・ベジタリアン」のスタイルが存在していたりと、食べる食品の範囲や頻度は多岐に渡ります。

その他にもペスクタリアン、オリエンタルスタイルなど多様なベジタリアンが存在します。

それぞれの詳しい解説やその他のベジタリアンについては以下の記事をご覧ください。

何故ヴィーガンになるのか?代表的3つの観点から理由を徹底解説

上記で食事にある種の制限があることは分かったけれど、あまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。では何故そのような制限をする人々が存在するのでしょうか?

ヴィーガンライフスタイルへ興味を持つ理由やきっかけは非常に多様化していますが、代表的なものに大きく3つの理由が挙げられます。

【理由01】地球環境保護への社会的な責任意識から

地球温暖化、海洋汚染、森林伐採をはじめとした環境保護の観点からヴィーガン・ベジタリアンのライフスタイルに興味を持つ方達がいらっしゃいます。

主に環境問題と畜産業とには大きな関係性があり、大量生産用の家畜の総量を減らす目的がまず第一としてあります。

環境面に見るヴィーガニズムやベジタリアニズムの共通目的は自然な生態系や環境の保護とも言うことができます。つまりアンバランスな畜産業態や漁業などが生態系や環境に悪影響を与えることについて問題提起がなされています。

具体的なエコ・インパクトについては以下にまとめましたのでご参照ください。

【理由02】健康になりたいという個人的な欲求から

アレルギーや病による食事制限だけでなく、より健康な食生活のためにホールフード(加工されていない食品)でプラントベース(菜食中心)な食事に興味を持たれる方々がいらっしゃいます。

必要以上に添加物を摂取する必要があるのかという疑問からや、また食の欧米化による動物性食品の過剰摂取を見直すことをきっかけに実行される場合もあります。

安全に菜食中心のライフスタイルを実行する際には調味料や栄養に大変な知識量が必要なこともあり、食材や原産地についてもできる限り意識をしていたり、大変熱心に勉強される方が多い傾向にあります。

【理由03】動物愛護という倫理観から

不自然かつ必要以上に家畜を増加させ、それらを大量消費することに疑問を感じられる方々もいらっしゃいます。

ペットは大変良い扱いを受けるのに対し、家畜は大変環境の悪い場所で生産されていたりします。さらに家畜が大量に消費する飼料穀物や水の総量のアンバランスを修正することにより世界的飢餓の解決を目指す動きもあります。

動物や人間が必要以上に干渉せず自然な状態で共存することを目指し、その思想は娯楽目的の動物園やペットショップの実態、または動物実験にまで議論が及ぶ場合があります。

ヴィーガン・ベジタリアンは菜食で栄養不足にならないのか?

偏食や正しい知識を持ち合わせていなければ菜食であっても、菜食でなくても栄養不足に陥りますが、菜食に関しては特に注意が必要だと言えます。

また、生涯菜食で健康的に生活できる方もいれば体調を崩す方もいらっしゃるため、体質によりそれぞれとも言えます。

他人に自己の理念を押し付けることはよくないことだということが前提のはずですが、家族やお子様やパートナーにその食スタイルを押し付けることが健康被害に繋がる事例も実際にあります。

特に、ヴィーガンダイエットでは特定の栄養素の摂取が大変難しい場合もあるため、細心の注意が必要です。ビタミンB12などの特定の栄養素を補うためにサプリメントや動物性食品を使わないオルタナティヴな栄養補助食品の摂取も推奨されています。

菜食を実行される方たちが実際に気をつけている点などは以下の記事にまとめましたのでご参照ください。

菜食でタンパク質は不足しないのか?

また、肉や動物性食品を食べない=タンパク質が摂取できないのでは?という疑問は誰しもが持つものですが、実は菜食でもタンパク質の補給は可能だそうです。

しかし、間違いなく知識が必要でしょう。本当に動物性のタンパク質を全てカットしても大丈夫なのか?これから初めて菜食主義を実践される方は今一度考える必要はあります。

ヘルスコンシャスな方は血液検査を定期的に行うなどして栄養素が不足していないか確認する場合もあります。動物性食品を一切排除してしまう場合は、それ程自己管理や場合によっては医師の監督が大切だと言うことです。

具体的な食品群など以下にまとめましたのでご参照ください。

ヴィーガニズムにおけるクルエルティーフリーという考え

補足となりますが、原料の確保のために動物を殺したり、安全性の検証の為に動物実験を行わない製品を「クルエルティフリー」な商品と呼ぶことができます。

ヨーロッパなどでは化粧品における動物実験は全面禁止がなされています。まだまだ疫学や医学面では大変な貢献をもたらす動物実験ですが、実行しなくても良い場面は存在しています。

自然な土壌サイクルを促すオーガニック商品に次いでクルエルティーフリーは新しいオルタナティヴな選択肢として市民権を得つつあります。

ヴィーガンやベジタリアンの世界的人口

「ベジタリアン」や「ヴィーガン」である事が個人の選択として市民権を得ている社会や国は存在しており、インドでは40%以上、欧米では10%以上の人が広義に菜食主義だと言われています。

これらの社会ではレストランではベジタリアン・メニューが多く存在し、パーティーなどにゲストを招待するときも相手の宗教や食事のスタイルを確認する場面が増えてきています。

一方、現状として日本の社会では、自らが「ベジタリアン」というライフスタイルと実践しているを明かすと周囲には珍しがられ、驚かれることがあります。

しかし、国際化も活発となり、少しずつではありますが日本でも着実に「ヴィーガン」や「ベジタリアン」という表現を耳にする機会は増えており、多様性受容に対する需要は高まってきています。

実は美味しいヴィーガン・ベジタリアン料理

SNSやYoutubeなどには大きなコミュニティーもあり、ヴィーガン料理自体は少しずつ存在感を示すようになってきました。

レシピやライフハックなど、斬新なアイデアから無理なく毎日実践できるヴィーガンレシピまで、ヴィーガンライフスタイルに関する情報は年々増加しています。

また、数年前から着実にスーパーに並ぶヴィーガン商品も増えてきています。

イギリスやアメリカやヨーロッパでは特に顕著であり、ヴィーガンヨーグルト、ヴィーガンバター、ヴィーガンチーズ、ヴィーガンアイスクリーム等、乳製品の代用品は味も改良され、ヘルシーな上美味しいオプションが選択できるようになってきています。

ヴィーガンチーズの味やテクスチャの改善により、ピザやバーガーなども、大変美味しくいただけるようにもなってきました。ベジミートに至っては通常のお肉と味も見分けもつかないものが増えてきました。

実物に近い味や見た目、またはそれ以上の美味しさの商品や私たちの日常に溶け込む商品が開発されることは、健康や環境及び倫理にコンシャスな方がスムーズに菜食を取り入れたり、菜食へトランジションする際に大変大きく貢献しています。

ただビーガン食を食べて入れば健康でいられるのか?と言うとそうではありません。菜食を続けるには栄養面で最新の注意が必要です。

よっぽどの理由や病気などでやむを得ない場合を除き、社会的使命感から極端に完璧菜食主義を目指すことは危険も孕んでいるため、バランスよくアンバランスを修正するという考えがサスティナブルなリスクヘッジとも言えます。

今後のテクノロジーで畜産業はどう変わるか?

培養肉の研究進められており、それは動物を全く傷つけることなく採取した小さな細胞のかけらを管理された環境で大きな筋組織にするものです。

チキンから採取したものであれば当然味も見た目もチキンなのだそう。

当然使用する水や飼料そして土地は畜産業に比べ遥かに効率が良いもであり、環境面だけでなく健康、倫理面からも期待が寄せられているのだそう。

菜食×環境問題の背景が約90分で理解できる映画

菜食には様々な背景があり、この記事をすべて読んで把握するのは大変なことです。約90分ほどでおおよそ菜食やヴィーガニズムについて理解できるドキュメンタリーがあるのでご紹介いたします。

様々な食スタイルに触れてみよう

これらの記事は「ビーガンやベジタリアンになるべき!」という思想を促すものではなく、様々な食スタイルに関する相互偏見が減少すればなという思いで書きました。

食はそれぞれの文化や生活スタイル、そして置かれている環境や健康状況と密接に関係するものであり、各々が自らの選択肢で選ぶことが大前提です。

例えば日本でマジョリティー的ではない食スタイルはヴィーガンやベジタリアン以外にも多く存在します。現代はグルテンのアレルギーも増えており、グルテンフリーの食事やアレルギー対応の食事もまた考慮が必要です。イスラーム系のハラールやユダヤ系のコーシャ食などもそうでしょう。

食は円滑なコミュニケーション及び相互理解を促すツールでもあります。食を通して相手の文化や価値観を知ることもできます。

様々な信条やカルチャーを持った人々が同じ食卓でそれぞれの選択ができるようになることが望ましいのかもしれませんが、まずはこれらの違いや特徴を認識することが理解への第一歩となるでしょう。

 

個人的な趣味で愛知県は特に名古屋に特化したダイバーシティグルメマップを作成してみました。このマップが誰かのお役に立てば幸いです。ご自由にシェア&埋め込みしていただけます。

こちらのマップには、ビーガン・ベジタリアン・ハラール対応などのレイヤーがあります。

 

 

それではまた次回のブログポストで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでみほをフォローしよう!

      

LEAVE ME A COMMENT :)